【特集】家庭教師のトライ トライ式医学部合格

  1. おすすめ予備校紹介
  2. 【特集】家庭教師のトライ トライ式医学部合格

和田秀樹氏とのタッグで医学部合格の最短ルートへと導く。全国対応のマンツーマンも魅力

  • 詳細を見る
  • 資料請求

bnr_ttl

  • 東京医科歯科大学 医学部 合格 三谷 康輝さん
  • 東海大学 医学部 合格 城田 真唯子さん
  • 島根大学 医学部 合格 山本 真由さん
トライ式で医学部に合格した先輩に聞く!
塾では克服できなかった数学を、トライのマンツーマンで合格レベルをクリア
父が小児科医として働く姿を見ていて、中学2年のころには医師の道を目指そうと決心していました。受験対策はもちろんですが、学校の成績も安定させたくて高校1年からトライの家庭教師から指導を受けてきました。担当は自治医大の医大生の方でしたが、先生から聞く医大の授業の様子や学生生活の話にモチベーションがかなり上がりました。実は数学が苦手で家庭教師とは別に塾にも通っていたのですが、自分が理解できなくても授業はどんどん進んでいってしまいます。家庭教師の先生に塾でわからなかったところも質問して、ようやくついていける感じでした。1対1だから、どこが分かっていないのかをきちんと見つけて、納得いくまで教えてくれる。トライの先生がいなかったらと考えると怖いですね。正直なところ最後まで数学は得意科目にはできませんでしたが、医学部に合格するために必要な得点力は付けてもらえたと思います。医学部の受験というのは傾向が顕著に表れるので、志望校別の対策をしっかりとって必要な勉強を要領よく進めることがポイントだと思います。
トライ式の利用者からも、嬉しい声が届いています。
予備校での「わかったつもり」が解決した!
トライ式医学部合格をはじめたきっかけは何ですか?
予備校に通っていたのですが、量が多すぎて成果が上がりませんでした。「理解したつもり現象」になっており、結局不合格。やり方を変えなくてはと思っていた矢先、トライ式医学部合格に出会いました。
トライ式医学部合格の良い点はどこですか?
自分オリジナルの年間計画表を見た時に、その具体性と精緻さから、「これならいける!」と確信できました。 毎月のチェックテストで、自分の弱点があぶりだされつつ、分かったつもりにならない所が良いです。やはり塾と違って、マンツーマンは聞きたいときに聞けることでしょうか。家庭教師の先生にと共に予定通り進んでおり、確かな手ごたえを感じています。
地方でも医学部対策ができる!
トライ式医学部合格をはじめたきっかけは何ですか?
父が開業医で継ぎたいと思っていました。ただ秋田には良い予備校もなく、高校の授業も医学部に対応できるレベルではありませんでした。浪人中だった兄がわざわざ東京に出て予備校に通っていたのをみて、それも嫌だなと思い、まさに誰も頼る事ができない状態でした。そこでトライ式医学部合格を聞き、全教科に渡り医学部合格に導いてくれると思い、入会を決めました。
トライ式医学部合格の良い点はどこですか?
やっぱりマンツーマンの部分が良いです。以前予備校に通っていたのですが、ついていくことができず、そのうち行くのが嫌になってしまいました。トライの先生は本当に理解できるまで教えてくれるので偏りなく勉強ができます。全教科でカリキュラムを作成してくれ、トータルで面倒をみてもらえるところも良いです。また、毎月の課題と結果が明確で、迷いなく勉強することができます。このコースに入ってから「何をやればいいんだろう」と不安になることはありません。
自分に合った細かな計画表で医学部を目指すことができる!
トライ式医学部合格をはじめたきっかけは何ですか?
開業医の父親の影響もあり、医師になりたいと思っています。中高一貫校に入っており、当初医学部系の塾を考えていたのですが、塾のペースで行くと量の多さから、学校の勉強とで「いっぱいいっぱい」になり、途中で挫折すると感じていました。そのときにトライの医学部合格の話を聞き、やってみたいと入会することになりました。
トライ式医学部合格の良い点はどこですか?
やはり塾だと毎週多くの課題が出されますが、トライはやるべきことが1か月単位なので、自分のペースで勉強をコントロールできます。マンツーマンは良いですね。細かな計画をもとに、得意な所は先取りしてどんどん進むことができるし、苦手な所はじっくりと教えてもらえます。

おすすめセミナー情報

最短で医学部合格を目指す本サイトのコンセプトにピッタリの必見セミナーをご紹介します。
医学部受験を知り尽くした和田秀樹氏の必見セミナ―です。

注力特集 最短距離の合格術

医学部に現役合格する秘訣は、限られた時間で効率よく“得意”を伸ばして“苦手”を克服すること。現役合格者のほとんどが予備校に通う一方、予備校のペースについていけない、自分の実力に応じた学習ができない等、不安を感じるケースも少なくないようだ。残念ながら不合格となってしまった学生の多くも、学習時間が足りなかったのではなく効率的ではなかったと考えられる。
そこで、合格者の学習スタイルや失敗談から理想の学習法を考えてみたい。

ページTop